観光列車「べるもんた」                  
JRの城端線と氷見線には、観光列車が走っている。 
高岡を起点に、山側と海側に伸びるJRの城端線と氷見線。このエリアの特徴である
「美しい山と海」をフランス語でベル・モンターニュ・
エ・メール〈Belles montagnes et mer〉と言い、その列車の
愛称は「べるもんた」  

Belles montagnes et mer ベル・モンターニュ・エ・メール
・JR 城端線
 城下町高岡から山側に、北陸新幹線と交差する新高岡駅を経て、散居村とチューリップ栽培で有名な砺波平野を走り、越中の小京都の城端を結びます。路線距離は29.9km、駅数14駅、あいの風富山鉄道線(旧北陸線)の高岡駅から分岐するJRのローカル線です。
 2016年1月10日(日)、暖冬で雪のない正月、天候は曇り時々雨。「べるもんた」に合わせ、城端線沿線を車で走ってみた。
 
高岡市上黒田  高岡スポーツコア近く 
 新高岡駅から二塚駅へ向かう「キハ40系」
2両目はラッピング列車の「南砺車両」

高岡市上黒田  高岡スポーツコア近く
 新高岡駅を出て城端へ向かう「べるもんた」
日曜日、高岡〜城端駅間を1日2往復する。
高岡市上黒田  高岡スポーツコア近く
 二塚駅から新高岡駅に向かうラッピング列車の「高岡車両」。高岡を元気にするプロジェクトの「あみたん娘」も描かれている。
南砺市大塚 東海北陸自動車道福光IC近く 
 城端駅を出発し、薄っすらと雪化粧した赤祖父山を背にして「べるもんた」がやって来る。
南砺市天池 東海北陸自動車道福光IC北側 
 福光駅を出て城端へ向かう「忍者ハットリくん」のラッピング列車。
南砺市大池 東海北陸自動車道福光IC北側
 「忍者ハットリくん」の列車が通過して10分ほど後に、真新しい観光列車「べるもんた」がやって来た。  
    
2月7日(日) 曇り/晴れ  城端発14:14の「べるもんた」に乗車する。
 新高岡駅に車を停め、高岡駅を12:52に出る「べるもんた」の一つ前の普通列車で城端へ向かう。福光駅を過ぎると窓の外の景色が、一面の銀世界に変わった。
    
 13:30 城端駅に到着し10分ほどすると、濃い緑に金色のラインの「キハ40」、「べるもんた」が2番線に入ってくる。乗客がホームに降りると、乗車記念の写真撮影会が始まった。
   
 並んで停車していた先の普通列車が出て行くと「べるもんた」の車体横に、車窓から見える山と海をイメージしたロゴマークが顔を出した。
   
 14:14 「べるもんた」は城端駅を出発。車内は伝統工芸の「井波彫刻」や「高岡銅器」などの装飾が施され、金色の窓脇から見える雪化粧した山々が砺波野の散居村の景色と相まって美しく、贅沢なひと時を楽しんだ。
   
 
・JR 氷見線
 JR氷見線は、城下町高岡から富山湾に向かい、海の幸豊富な氷見へと走る路線距離16.5km、8駅のローカル線です。高岡駅を出て左にカーブし住宅街が続く。このエリアには前田利長が築いた高岡城の跡地として整備された高岡古城公園や、市役所・美術館・高等学校など、高岡の主要施設がある。国道8号線の高架をくぐり住宅街を過ぎると、伏木までは工場地帯を走る。越中国分駅でて雨晴トンネルを抜けると富山湾に出と、車窓からは富山湾越しに広がる雄大な立山連峰を見ることが出来る。
高岡市太田  雨晴駅から約1km R415沿い 
 雨晴駅を出て国分駅へ向かう「忍者ハットリくん」列車の新車両  沖には「女岩」が
高岡市太田  雨晴駅裏の砂浜より
 雨晴海岸を走る「忍者ハットリくん」列車
左から「女岩」、奥には「男岩」、氷見線沿いに「義経岩」がある。
  
高岡市伏木国分 雨晴からR415がトンネル
 に入る手前を左へ
「忍者ハットリくん」の作者、藤子不二雄A氏は氷見市出身 
  2016年1月16日(土)、小雨の降るなか午後から氷見線を走る観光列車「べるもんた」を撮りに、雨晴海岸へ出掛ける。
越中国分駅を出て雨晴トンネルを抜けると、富山湾に出る 
    
 「べるもんた」は男岩・女岩を見ながら、源義経と武蔵坊弁慶が雨宿りをしたとされる義経岩のそばを通り、海岸線を雨晴駅へと向かう。 
 女岩が見える場所で「べるもんた」が停車。氷見線は高岡と氷見を約30分で走るところ、「べるもんた」は約倍の時間をかけ運転される。
雨晴海岸   海の上に浮かぶ立山連峰
11月7日(木) 晴れ  
 雨晴海岸から見える剱岳、頂上から朝日が昇るはず!しかし剣岳の上には薄い雲が掛っている。6:00 太陽の光に照らされた雲が紅く染まり始め、6:36 剱岳山頂付近が太陽の強い光で黄色く輝き始めた。朝日が昇り女岩付近が明るくなると、薄っすらと水面から「気嵐」のたつのが見えた。
11月9日(土) 晴れ    
 最低気温は5℃と今期一番の冷え込み、「気嵐」の発生を期待してか多くのカメラマンが集まっていた。6:00 薄暗い海面に湯気のような霧が立上げって見える。6:38 剱岳山頂の右側からの光が海面に届くと、沖に向って流れる霧がオレンジ色の光に照らされ正面の女岩を隠すくらいまでに「気嵐」が立ちあがり幻想的な日の出となった。
 背を向けると雨晴マリーナの突堤や出向する釣り船も、海面に漂う「気嵐」で見え隠れしていた。   YouTube/雨晴らし海岸の気嵐と日の出
2019.11.9
6:33 6:38 6:42
6:42 6:50
  
3月09日(土) 晴れ  2019.03.09
 朝方、立山に掛かっていた雲もとれ、雪化粧した剱岳・立山三山が浮び上ったので午後から雨晴海岸へ向かう。十間道路を過ぎ雨晴らしトンネルを抜けると、道路の海側の駐車スペースや昨年完成した道の駅に入る車で渋滞、女岩から義経岩までの間の歩道にはカメラを構える人で混雑していた。渋滞を抜け雨晴マリーナから海岸線に出て道路脇に駐車し、雨晴駅裏の突堤の先からカメラを構えた。
2月11日(木) 晴れ  
 富山湾上に浮かぶようにそびえる立山連峰。この海越しの立山連峰から、朝日が昇る瞬間を撮るため雨晴海岸へ行く。6:30 義経岩の駐車場は既に満車状態で、R415にはみ出して停まっている車もあった。乗ってきた軽トラを駐車場の隙間に何とか押し込み、義経岩に向かった。
 岩の周りには既に4、50台カメラが並び、その中で三脚を立てるスペースを探し、岩にへばりついた様な格好でカメラをセットした。

   
    
 7:02 立山連峰からの日の出。剱岳の左、稜線が大きく切れ込んだ「大窓」から強い光が差し込み、海面をオレンジ色に照らし出した。放射冷却により気温は氷点下にまで下がり、風も殆ど無い。朝日が昇ると女岩の周りの海面から、オレンジ色の光に照らされ立ち昇る霧「けあらし」を見ることが出来た。
2016.02.11
2月12(金) 晴れ  
 昨日は富山湾越しの立山連峰を見れなかったので、午後から雨晴へ出掛けた。白く霞んで見えていた立山連峰は、太陽が昇るにつれハッキリ見えはじめる。
国道を通る多くの車が道路脇に止まり、富山湾越しに望む立山連峰の雄大な姿を楽しんでいた。
   
2月27(土) 晴れ/曇り  
  雨晴海岸は波もなく穏やかで、すき通った濃い緑色の海が広がっていた。
 海岸線を走る「べるもんた」の濃い緑色の車体に、線路わきに残った雪が映り込み、
 波が打ち寄せている様に見えた。
   
3月17(木) 晴れ 
  6:15 2月11日から5週間ほどで、日の出時刻は50分ほど
 早くなり、太陽は層ヶ岳の左、ほぼ真東から顔を出し、昇る
 につれ穏やかな海面に光の筋を描いた。  
 
 
 ダイヤモンド剱岳  
 秋になると朝日は北から南下し剱岳付近から登り始める。山頂付近の複雑に入り組んだ稜線から太陽が顔を出した瞬間、眩しく輝くダイヤモンドが現われる。
2017年11月6(月) 晴れ
 秋が深まるにつれ、朝晩の冷え込みがきつくなる。晴れた日の朝、冷たい空気と暖かい海面の温度差により霧が発生し、海面に低く立ち込める「気嵐」(けあらし)に出会える。
 6:38 剱岳直下北側、三ノ窓から太陽の光が覗き、その光は頂上に向け登って行き山頂で大きな丸い光にとなる。朝日を受けた気嵐は黄金色に輝き、「女岩」の周りを取り囲こんだ。
2017年11月7(火) 晴れ
 気温は10℃と比較的暖かいため、気嵐の発生は無い。6:38 剱岳直下のくぼみから光が漏れた瞬間を連写した写真数枚に、光の左側稜線上の岩が緑色に光って映っていた。
 
グリーンフラッシュだろうか? 
   
  
 氷見線の画像
   
 
Home / Profile / Trekking / Gallery / Diary / Link / Contact / Sitemap